HOME>オススメ情報>業者に支払う費用やその基礎知識を確認しておく
社員

どれぐらいのお金がかかるか

これからM&Aを行おうとしている場合には、どれぐらいの費用がかかるかを頭に入れておく必要があります。自分で会社を見つけて、合併するようなこともできますが、身近にそのような会社がない場合には専門業者に依頼することが必要です。この時に、仲介手数料を払うことになりますが仲介手数料の相場はおおむね50万円位はかかると考えておいた方が良いです。この仲介手数料は、M&Aに成功すれば当然戻ってくる事はありません。しかしながら、M&Aに成功しないような事例も考えられるでしょう。このような場合には、全く戻ってこないようなところもあるかもしれませんが、会社によっては半額だけ戻ってくるようなところも存在しています。ある程度大きなお金が動くことになりますので、契約する前の段階で仲介手数料の仕組みをよく確認をしておくことが重要になります。

それぞれの流れを理解する

M&Aを行うにしても、仲介手数料の相場を知っておくことは大事になるものの、かかる費用はそれだけではありません。もし、M&Aが成功した場合には成功報酬を支払うことになります。この成功報酬の相場は様々ですので、明確な決まりはありません。大抵の場合、合併する会社の資本金によって変わるところです。例えば、資本金が1,000万円以下のところは100万円未満になることが多いでしょう。会社の規模から考えてそれほど難易度が高くないからです。しかしながら、資本金が1億円を超える場合には少し訳が異なります。ある程度大きな会社になればなるほど、M&Aをするときの手間はかなりのものがあるでしょう。もちろんそれにかかる費用も莫大なものになります。そのため500万円を超えるようなことも少なくありません。

広告募集中